IT導入補助金とは?

横浜市中区の藤原淳税理士事務所です。

中小企業・小規模事業者等の労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDX等に向けた ITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入を支援する補助金です。

対象となるITツール(ソフトウェア、サービス等)は事前に事務局の審査を受け、補助金HPに公開(登録)されているものとなります。※複数社連携IT導入枠を除きます。

IT導入補助金2024年の変更点

  • 通常枠の「A類型」、「B類型」という名称を廃止
  • 「デジタル化基盤導入枠」を廃止、インボイスに特化した「インボイス枠(インボイス対応類型・電子取引類型)」を新設
  • 「インボイス枠」の「インボイス対応類型」で、小規模事業者に対して一部高い補助率を設定し、強力な支援を実施
  • 「インボイス枠」の「電子取引類型」は、大企業も補助を受けることが可能
  • EC機能をもつITツールが補助の対象外となる

申請要件

  • 「gBizIDプライム」アカウントの取得
  • 「SECURITY ACTION」宣言の実施
  • 「みらデジ経営チェック」実施

※複数社連携IT導入枠の「参画事業者」は、gBizIDプライムの取得は不要です。

※通常枠でのみ「みらデジ経営チェック」の実施が要件となります。

加点項目

  • 地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認
  • クラウドを利用したITツール導入の検討
  • くるみん・えるぼし認定 
  • 賃上げの事業計画の策定、従業員への表明、事業計画の達成 など…公募要領参照

インボイス対応のITツールを導入するなら補助率が高いインボイス枠を活用しましょう

類型名電子取引類型インボイス対応類型
補助事業者大企業等中小企業・小規模事業者等
補助率1/22/34/5、3/4※12/3※21/2
補助額~350万円50万円以下50万円超~ 350万円~10万円~20万円
補助対象経費インボイス対応受発注ソフトインボイス対応会計・受発注・決済ソフトPC・タブレット等レジ・券売機等

※1 小規模事業者については補助率は4/5。中小企業については補助率は3/4

※2 補助額50万円超の際の補助率は、補助額のうち50万円以下については3/4(小規模事業者は4/5)、50万円超については2/3

導入事例

申請フロー

  1. 公募要領等のご確認
  2. 「gBizIDプライム」アカウントの取得、「SECURITY ACTION」宣言の実施
  3. 「みらデジ経営チェック」の実施
  4. 交付申請以降はIT導入支援事業者がサポート!

    お問い合わせ内容必須

    相談(電話・Zoom)希望日時※土・日・祝日でもOKです
    ※予約制(3日前までに要予約)

    第一希望日:

    第二希望日:

    お名前

    ふりがな

    電話番号

    メールアドレス

    初回希望連絡方法

    お問い合わせ内容必須