ものづくり補助金とは何か?

制度変更への対応や革新的サービス開発のため、中小企業や小規模事業者の設備投資を支援する制度です。これにより、働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入など、今後の中小企業の課題解決が期待されます。

補助金の概要:いくらもらえるのか?

補助上限額は750万円から5,000万円で、補助率は1/2または2/3となっています。補助の詳細は、申請の枠や従業員数により異なるため注意が必要です。

どのような経営革新に活用できるか?

  1. 新商品の開発: 例として、避難所向けの水循環型シャワー開発など
  2. 新たな生産方式の導入: 作業進捗を「見える化」するシステムの導入など
  3. 新しいサービスの開発: 仮想通貨の取引システム構築など
  4. 新しい提供方法の導入: 従業員のスキルに基づく顧客マッチングシステムなど

補助対象となる経費の例

革新的なサービスや試作品の開発、生産プロセスの改善のための設備投資が対象となります。具体的には機械装置の導入やシステム構築費、技術導入費などが挙げられます。

ものづくり補助金の審査項目

技術面、事業化面、政策面などが重要な審査基準となります。特定の枠には、炭素生産性向上やグローバル市場開拓、大幅賃上げの取り組みの妥当性も確認されます。

最新の採択結果から見るものづくり補助金の採択率

採択率が平均50%と高い傾向にあり、中小企業や小規模事業者の活用のチャンスが広がっています。

実際の採択事例から学ぶものづくり補助金の活用法

  1. 医療編: CT検査装置の導入で高度な動物医療を提供
  2. 洗濯編: 自動化洗浄の導入で法衣洗濯の生産性を向上

最後に、ものづくり補助金の採択率の高さからも、興味を持った企業様は、ぜひ私たちの事務所にご相談ください。

    お問い合わせ内容必須

    相談(電話・Zoom)希望日時※土・日・祝日でもOKです
    ※予約制(3日前までに要予約)

    第一希望日:

    第二希望日:

    お名前

    ふりがな

    電話番号

    メールアドレス

    初回希望連絡方法

    お問い合わせ内容必須