設備投資の借入年数が意外に短い場合が多くあると思います。

運転資金として借りているからだと思います。

金融機関の担当者もあれこれ準備しなくて済むから、

担当者も楽と言えば楽かもしれません。

ただ、本来は利益で返済していく設備投資を運転資金として短期で返済していたら、

どうなるでしょう?

資金繰り難の企業の特徴

運転資金の本数が多くある場合、資金繰りが厳しくなる傾向があります。

そのため、資金繰り難の企業においては、早めに借入の見直しが必要になります。

どのように借入金を見直すか?

個別性の高い内容となりますが、

ざっくり言うと、

第一に資金繰りが回るようにする。

第二に将来を見据えた返済計画とする。

となります。

返済期間を長くすると、確かに資金繰りは楽になります。

しかしながら、次の融資実行までのタイミングが後ろにずれます。

その結果、債務償還年数などの重要指標が改善できない状況になってしまいます。

中小企業において、銀行が心臓で融資が血液のようなものですから、

融資のモニタリングは欠かせません。

借入の本数が多い場合には、モニタリング方法を見直しても良いと思います。

もし、モニタリングができていない場合には、

モニタリングをする事をおすすめします。

まとめ

資金繰り難で会社を売却する企業を見ていると、借入本数が多い会社をみかけます。

資金繰りの改善は、投資の価値が十分にある分野です。

資金繰りが100万円改善するならば、月々5.5万円は十分にペイする世界です。

まずは、御社が銀行からどのように見えているのか、

改善のポイントは何かをレポートにしてお伝えします。

    お問い合わせ内容必須

    相談(電話・Zoom)希望日時※土・日・祝日でもOKです
    ※予約制(3日前までに要予約)

    第一希望日:

    第二希望日:

    お名前

    ふりがな

    電話番号

    メールアドレス

    初回希望連絡方法

    お問い合わせ内容必須