資本金1円から会社設立は可能ですが、それは避けましょう。なぜなら創業時は赤字になりがちです。資本金が1円だと、かなりの確率ですぐに銀行格付けが下がります。

設立時は融資の大チャンス

新規での法人設立時は過去実績がありません。実績があるとするならば、個人の信用情報、創業時の自己資金の積み立て状況、個人の勤務実績となります。そのため、創業時は赤字になりやすいものの、設立初期の場合には、ちゃんとした計画がある限り融資に通りやすい時期ともいえます。創業期は赤字になりがちです。後から融資を受けようとすると、融資が難しくなっている場合があります。いきなり資金繰りが詰みます。

資本金はいくらが良いのか

私がご相談を受ける際には、借入予定額の半分以上は資本金とする事を推奨しています。書いても平気な話なので書きますが、先日もビジネスモデルとしては有望なベンチャーのご相談を受けた際に、資本金が1万円、設立から2年経過、その他諸々の会社の設立方法のミス、これはよくある話なのです。理由がない限り300万円ぐらいの資本金をおすすめします。その上で、赤字に備えて念のため借りておきましょう。心が楽になると思います。

まとめ

とにかく1円会社を設立するのは、やめておきましょう。

    お問い合わせ内容必須

    相談(電話・Zoom)希望日時※土・日・祝日でもOKです
    ※予約制(3日前までに要予約)

    第一希望日:

    第二希望日:

    お名前

    ふりがな

    電話番号

    メールアドレス

    初回希望連絡方法

    お問い合わせ内容必須